函南エリア(太字がジオポイント/細字は裏ジオポイント* クリックでポイントの詳細にリンク)

函南ジオエリアの地形は、大きく分けて3つに分類されます。

  • 東の丹那盆地や田代盆地等の山間部は、今から約60万年前に噴火した多賀火山(一部は湯河原火山)の西側斜面に生じた横ずれ断層によって造られた断層谷と盆地に位置します。
  • 桑原・平井・柏谷などは、湯河原火山や箱根火山の溶岩流や火砕流で覆われています。
  • 西には、狩野川からの土砂が堆積して造られた肥沃な田方平野が広がります。
ジオサイト ジオポイント
軽井沢 軽井沢 神代杉博物館
月光天文台 月光天文台
玄岳 伊豆スカイラインの展望台 玄岳 氷が池
十国峠 十国峠展望台 日金山東光寺
丹那盆地 丹那断層公園 オラッチェ
池の山峠 池の山峠
田代盆地 火雷神社
柏谷 柏谷横穴群
その他 田方平野 日守山 森山
大仙山 こだま石 三宝大荒神の磨崖仏
観音滝 お鶴が盤石の滝 弘法爪彫り不動の滝
 
ジオポイントの位置 (各ジオポイントのをクリックしてもGoogleMapにリンクします)

より大きな地図で 函南エリア を表示
各ジオポイントの概要
ジオポイント
軽井沢(かるいさわ)

ジオサイト
軽井沢

ジオエリア
函南エリア



特徴
断層谷と河川争奪地形

50万年前から活動している丹那断層の断層ずれによって累積高さ約100mの谷を作り、累積約1000mの南北の横ずれが生じた。この横ずれにより、現在の冷川の上流部・支流は、分断されて流れを大きく変えざるを得なかった。

50万年間の断層活動の痕跡

 
熱函道路の丹那入口から4Kmで軽井沢(A,B)・5.3Kmで田代(A’,B’)に至る

 
無し



ジオポイント
月光天文台

ジオサイト
月光天文台

ジオエリア
函南エリア



特徴
本格的な天文台と化石展示、富士・箱根・愛鷹火山の地形景観

天文台:口径20cm屈折望遠鏡で、太陽の黒点などを観測します。
プラネタリウム:11mドーム・80席
地学館:地球誕生からの生命の進化を物語る化石や、珍しい石を展示。

 
函南駅前から冷川・神原を経由して
3.4Km

有り/無料/10台ていど

あり



ジオポイント
伊豆スカイライン展望台

ジオサイト
玄岳

ジオエリア
函南エリア



特徴
丹那断層と丹那・田代盆地の地形、富士・箱根・愛鷹・天城火山の地形景観

伊豆スカイラインには、多くの展望台(駐車場も)が設けられています。滝知山展望台・玄岳駐車場・西丹那駐車場から、丹那盆地が良く見えます。

200〜100万年前に、伊豆半島と本州が衝突した以降の火山噴火とその後の浸食で形作られた地形

難易度/危険度
容易/安全

 
函南・箱根・熱海から、自動車で伊豆スカイライン(有料)まで

有り/無料/20台

無し(料金所手前にあり)


ジオポイント
十国峠展望台

ジオサイト
十国峠

ジオエリア
函南エリア


特徴
田代盆地の地形、富士・箱根・愛鷹・天城火山などの地形景観

頂上からは360度のパノラマで、伊豆・相模・駿河・遠江・甲斐・安房・上総・下総・武蔵・信濃の十国と伊豆五島が見えます

80〜30万年前に噴火した湯河原火山の海側が大きく浸食されて残った外輪山のひとつ。

難易度/危険度
容易/安全

 
ケーブルカーにて、山頂まで

有り/無料/100台以上

有り



ジオポイント
丹那断層公園

ジオサイト
丹那盆地

ジオエリア
函南エリア



特徴
北伊豆地震時のずれ、断層の地下構造、立体模型による丹那断層の観察

昭和5年11月26日に発生した北伊豆地震の際に、約2mほどの左横ずれ断層が地上に現れた場所を、断層の実態を見ることができる場所として、国の天然記念物に指定されています

約2万年前以降に、崩壊した池の山峠付近の土石流が堆積した地層

難易度/危険度
容易/安全

 
熱函道路の丹那入口から2.6Kmで公園に至る

有り/無料/数台

有り



ジオポイント
オラッチェ

ジオサイト
丹那盆地

ジオエリア
函南エリア


特徴
丹那盆地の地形、丹那トンネル工事を契機とした酪農への転換の歴史

丹那トンネル工事の影響で、盆地内の湧水や沢が渇水したので、ワサビ栽培や農業に影響が出て、救済措置として酪農を本格的に導入しました。今では、丹那牛乳を始めとして、酪農加工品を味わい体験できる”酪農王国”として観光に役立っています。

約2万年前以降に、周囲の山から浸食された土砂が堆積した地層

難易度/危険度
容易/安全

 
熱函道路の丹那入口から2Km

有り/無料/100台ていど

 
有り



ジオポイント
池の山峠

ジオサイト
池の山峠

ジオエリア
函南エリア



特徴
断層谷の地形

50万年前から活動している丹那断層の断層ずれによって造られた累積高さ約100mの断層谷が、オラッチェなどの丹那盆地から玄岳−池の山峠の稜線の鞍部として遠望できます。
池の山峠の南側には、断層谷の一部に水が溜まり、大沢の池ができています。

50万年間の断層活動の途中経過

難易度/危険度
容易/安全

 
熱函道路の丹那入口から2Kmで、オラッチェ駐車場に至る

有り/無料/100台ていど

 
有り



ジオポイント
火雷神社(からいじんじゃ)

ジオサイト
田代盆地

ジオエリア
函南エリア



特徴
北伊豆地震時の被害と断層ずれ、田代盆地の地形

昭和5年の北伊豆地震による、断層ずれの跡が田代盆地入口の火雷神社にも地域の方によって保存されています。
左の石柱を残して、鳥居の上と桁、及び右の石柱は壊れて、下に落ちたままで保存されています。鳥居と右側の石段の間に断層が走り、鳥居の中心と石段の中心が約1.4mほどずれています。

約1万8千年前以降に、湯河原火山が侵食された土砂の堆積層

難易度/危険度
容易/安全

 
熱函道路の丹那入口から5.3Km

神社前か北側の駐車スペースに駐車可

無し



ジオポイント
柏谷横穴群(かしやよこあな)

ジオサイト
柏谷

ジオエリア
函南エリア

特徴
箱根火山の火砕流台地と、そこに掘られた横穴遺跡

約6万5千年前、箱根火の噴火による火砕流で、到達した軽石や火山灰が凝灰岩となった崖面に鉄製のノミで掘られた横穴式の古墳です。
古墳時代の6世紀末頃から掘られ、奈良時代(8世紀)まで活用されました

約6万5千年前 箱根火山新期軽石流と呼ばれる軽石の段丘堆積層

難易度/危険度
容易/安全

 
熱函道路入口から、約3.5Kmで公園駐車場

有り/無料/100台ていど

 
有り

  


裏ジオポイント
神代杉展示場

ジオサイト
軽井沢

ジオエリア
函南エリア



特徴
田代盆地の田んぼ地下から発掘した古代の樹が陳列されている。

盆地内の森が沈下して水没して倒れ、その上に箱根火山からの火山灰や火砕流が堆積し、それを何回も繰り返したものと考えられている。個人のお宅の物置に掘り出された神代杉が展示されています。

田代盆地の下は7層のシルト・砂礫層が地下37mの厚さに堆積している。上層からでた神代杉で7千年前

難易度/危険度
容易/安全

熱函道路の丹那入口から4Km
軽井沢公民館近く(要事前予約)

無し(要事前確認)



裏ジオポイント
玄岳(くろたけ)

ジオサイト
玄岳

ジオエリア
函南エリア

特徴
伊豆スカイライン沿いで、一番高い山

今から約80〜30万年前に噴火した多賀火山(当時の山頂は多賀付近で、1000メートル級の複成火山)が風雨・天候などにより風化・浸食されて残った主峰です

約80〜30万年前 安山岩・玄武岩

難易度/危険度
容易/安全

 
伊豆スカイラインの西丹那駐車場から、山登り15分ていど

有り/無料/10台

無し



裏ジオポイント
氷が池(こおりがいけ)

ジオサイト
玄岳

ジオエリア
函南エリア


特徴
玄岳の山腹にある小さな池

丹那断層の横ずれ断層の周囲にできた共役断層の谷の中に水がたまって、池になっています。

難易度/危険度
比較的容易/比較的安全

 
伊豆スカイラインの玄岳駐車場から、徒歩10分

有り/無料/10台

無し



裏ジオポイント
日金山東光寺(ひがねさん とうこうじ)

ジオサイト
十国峠

ジオエリア
函南エリア



特徴
恐山などととも日本の三大地獄のひとつに数えられていた霊場

箱根の外輪山に相当する火山地帯であり、火を噴く山に畏敬し山岳信仰と結びついたと考えられる。春秋の彼岸には多くの参拝客がある。

約70〜15万年前に噴火した安山岩・玄武岩類

難易度/危険度
容易/安全

 
駐車場から徒歩、300mほど

日金山霊園の駐車場/無料/10台

無し




裏ジオポイント
田方平野(たがたへいや)

ジオサイト
その他

ジオエリア
函南エリア



特徴
伊豆半島の付け根に位置する沖積平野

約6,000年前の縄文時代には、完新世の気候最温暖期による縄文海進のため、海面が現在よりも数m高くなり、沼津市から黄瀬川下流、伊豆の国市の旧伊豆長岡町付近までは入江で、古狩野湾を形成していた。その後、海面が低下し、狩野川とその支流が運ぶ土砂が堆積し現在の姿となった

約6,000年前以降からの海成または非海成の堆積層

難易度/危険度
容易/安全


裏ジオポイント
日守山(ひもりやま)

ジオサイト
その他

ジオエリア
函南エリア

特徴
静浦山地(沼津アルプス)に連なる標高190mの小さな山(正式名:大嵐山)

伊豆半島が本州に衝突する前後に、海底で噴火した火山の堆積物が隆起した山

約1500〜170万年前 海底堆積層

難易度/危険度
容易/安全

 
駐車場より徒歩、20分ていど

公園駐車場 無料/20台ていど

有り



裏ジオポイント
森山(もりやま)

ジオサイト
その他

ジオエリア
函南エリア



特徴
田方平野の中に立つ小さな独立峰

伊豆半島が本州に衝突する前後に、海底で噴火した火山の溶岩や堆積物が隆起した山

約1500〜170万年前 海底堆積層

難易度/危険度
容易/安全

 
伊豆仁田駅から徒歩1.1km

 
無し



裏ジオポイント
大仙山(だいせんざん)

ジオサイト
その他

ジオエリア
函南エリア



特徴
畑毛温泉の東に位置する標高167mほどの山

山全体が私有地ですが、一般にもルールを守ることで解放されています。磨崖仏が彫られている一枚岩の上の山頂付近にオーバーハングしている岩が露頭しています。この磨崖仏は薬師如来像で、山の所有者が彫ったものだそうです。

遊歩道には、仏舎利塔・鐘撞堂などがあり、田方平野や富士山・愛鷹山・沼津アルプスなどの展望もききます。

約70万年前〜15万年前に噴火した火山の岩石(安山岩・玄武岩類)

難易度/危険度
やや困難/やや危険

 
山腹の駐車場から、徒歩?

有り/無料/数台

無し

  


裏ジオポイント
こだま石

ジオサイト
その他

ジオエリア
函南エリア

特徴
伊豆の七不思議のひとつ

函南町では最大(高さ 4.6m)で、輝石安山岩。石の前で音声を発すると反響したと伝えられます。

約70万年前〜15万年前に噴火した多賀火山の転石

難易度/危険度
容易/安全

 
丹那断層公園から、約2Km

 
無し



裏ジオポイント
三宝大荒神の磨崖仏(さんぽうだいこうじん)

ジオサイト
その他

ジオエリア
函南エリア



特徴
三宝大荒神の境内にある巨石に掘られた磨崖仏

大岩の左側に地蔵菩薩の像(高さ58cm)、右側に日輪(径73cm)とその中に阿弥陀如来を表す梵字が線刻されています。昭和5年の北伊豆地震で、二つに割れたそうです。

約70万年前〜15万年前に噴火した多賀火山の岩石

難易度/危険度
容易/安全

 
函南町役場から、約3Km

 
無し




ジオポイント
観音滝

ジオサイト
その他

ジオエリア
函南エリア

特徴
落差10メートルで、函南町の中では最大です。

湯河原火山の溶岩流の崖から落ちる滝。近くに、御堂があり、中に観音像が安置されています。

約70万年前〜15万年前に噴火した火山の岩石(安山岩・玄武岩類)

難易度/危険度
やや困難/安全

 
函南駅から、7Km

無し(手前のスペースに駐車、2台ていど)

無し



ジオポイント
お鶴が盤石の滝(おつるがばんじゃくのたき)

ジオサイト
その他

ジオエリア
函南エリア

特徴
湯河原火山の溶岩崖を割って、落差5メートルほどの滝で、水量は少ない。

元々は、盤石の滝と言われていましたが、お鶴さんという娘が恋に破れて投身してからは、この名前になったそうです。

約70万年前〜15万年前に噴火した火山の岩石(安山岩・玄武岩類)

難易度/危険度
やや困難/安全

  
函南駅から、車で約5Km、徒歩で約500m

無し(林道のスペースに駐車)

無し



ジオポイント
弘法爪彫り不動の滝

ジオサイト
その他

ジオエリア
函南エリア



特徴
湯河原火山の溶岩を流れる滑沢が落差5メートル滝となって落ちる

滑沢を渡った反対の岸の大岩に、弘法大師が爪で彫ったと言われる不動像があります。(左側が伝・弘法大師作、右側は新しい)

約70万年前〜15万年前に噴火した火山の岩石(安山岩・玄武岩類)

難易度/危険度
やや困難(藪漕ぎ)/やや危険(崖・滑滝すべりやすい)

  
函南駅から約3Km、徒歩約15分

無し(籐柴窯に断って、駐車)/数台

無し




裏ジオポイント*
案内人が勝手に認定した非公式なジオポイント

主に、小山真人教授著[伊豆の大地の物語](静岡新聞社刊)から許可を得て、案内人の理解で引用

産業技術総合研究所 地質調査総合センター発行 地質図Naviの[地質の説明]から一部を引用(承認番号 第60635130-A-20130910-002号)
小山真人教授著[伊豆の大地の物語](静岡新聞社刊)に解説がある場合は、そちらを利用
どちらからも適当な情報が得られない場合は、案内人の理解を記した。