沼津・三島エリア(太字がジオポイント/細字は裏ジオポイント* クリックでポイントの詳細にリンク)

沼津ジオエリアは、伊豆半島衝突前の海底火山が隆起した地形と、衝突以降に噴火した陸上火山である愛鷹火山の扇状地や達磨火山の裾野や、狩野川の扇状地などの異なる時代の地形が見どころです。
三島ジオエリアは、衝突以降に噴火した箱根火山や富士火山からの噴出物に覆われており、伊豆と新しい火山の境界部に位置します。富士山からの溶岩流は三島北部の大地を形作るとともに、湧水など、多くの恵みをもたらしています。

ジオサイト ジオポイント
愛鷹山南麓 川窪付近 沼津インター付近 熊堂
水神社 八畳岩 興国寺城跡
鮎壺の滝 鮎壺の滝
香貫山 香貫山 香貫山登山道
三島 楽寿園・源兵衛川 菰池・白滝公園 三嶋大社
三島駅北口 鮎止めの滝 溶岩樹形
山中城跡 七つ石 御殿場泥流
西浦 西浦
静浦・内浦 獅子浜 多比 内浦
口野 淡島 大久保の鼻
象山 瓜島
千本浜・牛臥山 千本浜と沼津港 我入道 牛臥山西
牛臥山東 下香貫
大平 狩野川堤防 出城山 日守付近
箱根西麓 塚原周辺 芙蓉台
その他 柿田川湧水 静浦山地 割狐塚
 
ジオポイントの位置 (各ジオポイントのをクリックしてもGoogleMapにリンクします)

より大きな地図で 沼津・三島エリア を表示

各ジオポイントの概要
ジオポイント
川窪付近

ジオサイト
愛鷹山南麓

ジオエリア
沼津・三島エリア

特徴
安政東海地震時に生じた陥没跡

近くに建つ震災追弔碑の説明(下記)参照

約1万8000年前〜現在までに形成された沖積層

難易度/危険度
容易/安全

 
門池駐車場から、徒歩約1km

無し(門池駐車場 無料)

無し(門池公園)

震災追弔碑の説明: 安政元年(1854)十一月四日、駿河地方に大地震が起きた。このとき、ここ駿東郡大岡村南小林の約二ヘクタールほどの土地が一瞬のうちに、約六米陥没し、住家九戸が全て埋没してしまった。時に午前十時余りにも急な事だったので逃げる暇もなく、土中に生き埋めとなり、泣き叫んで救いを求め、村人が駆け付けたが、地震のため村の北側の用水路が決壊し、水が流れ込んできたので、ついに救うことが出来なかった。死者十一名、死体が発見されたのはわずか二名だけであった。陥没の跡は巨大な穴となり、数年経ってからようやく草が生え始めた後に、村人が樹木を植えたので、今は林となっている。


ジオポイント
沼津インター付近

ジオサイト
愛鷹山南麓

ジオエリア
沼津・三島エリア

特徴
伊豆方面の地形景観と愛鷹火山の火山扇状地

約40万年前に噴火した愛鷹火山の南や南東に向かって裾を引くこの高台は、愛鷹火山が浸食されてできた火山麓扇状地の一部です。
沼津市街地やその背後にある静浦山地、達磨山、天城山などのすばらしい地形景観が観察できます。
NEOPASA(上り)駐車場の北側には、愛鷹火山の堆積物の露頭がある。

難易度/危険度
容易/安全

 
新東名のSA/PAですが、一般道路よりもアクセスできます。

  
NEOPASA駿河湾沼津






ジオポイント
熊堂(くまんどう)

ジオサイト
愛鷹山南麓

ジオエリア
沼津・三島エリア

特徴
富士山の噴火未遂(鳴動)を記録した大山寺

1703年元禄(げんろく)関東地震の後に起きた富士山の鳴動が記録された場所です。この時には噴火は未遂で済んだが、約4年後の1707年宝永東海地震の直後に大噴火(宝永噴火)を起こした。

難易度/危険度
容易/安全

 
JR原駅から、車で約3Km

大泉寺に断って駐車

無し


ジオポイント
鮎壺の滝

ジオサイト
鮎壺の滝

ジオエリア
沼津・三島エリア

特徴
三島溶岩の断面、溶岩樹形、ローム層

約1万1千年前の新富士火山の噴火で流れ出した玄武岩溶岩流が、愛鷹山と箱根山の間の谷を流れて、流れの幅を広げたところで停止した。三島付近の大地の基本構造の断面を見ることができる。
上層は厚さ10mほどの一枚岩の三島溶岩で、その下の愛鷹ローム層(茶色)の多くは浸食されて上の固い溶岩流だけが残った。滝の右端下には溶岩樹形(直径1m高さ7m)、上流には大きなポットホールも見られます。

難易度/危険度
容易/安全

 
下土狩駅から徒歩、約1Km

無し

西側の公園に有り



ジオポイント
香貫山(かぬきやま)

ジオサイト
香貫山

ジオエリア
沼津・三島エリア

特徴
沼津周辺の地形と景観、火山岩頸が作る急峻な山地

海底で噴火した火山が、伊豆半島の衝突で隆起した静浦山地(沼津アルプス)の北端の山(標高193m)

約700万年前〜170万年前 安山岩

難易度/危険度
容易/安全

 
香貫山公園から、徒歩約1.5Kmで山頂に

香貫山中腹の香貫山公園 無料/10台

あり



ジオポイント
香貫山登山道

ジオサイト
香貫山

ジオエリア
沼津・三島エリア

特徴
海底火山の噴出物(白浜層群)

海底で噴火した火山が、伊豆半島の衝突で隆起した静浦山地(沼津アルプス)の北端の山(標高193m)

約700万年前〜170万年前 安山岩

難易度/危険度
容易/安全

 
香貫山公園から、徒歩約1.5Kmで山頂に

香貫山中腹の香貫山公園 無料/10台

あり



ジオポイント
楽寿園・源兵衛川(げんべえがわ)

ジオサイト
三島

ジオエリア
沼津・三島エリア

特徴
三島溶岩の表面、湧水

約1万1千年前の新富士火山の玄武岩溶岩流が扇状地を造った上に三島市街がある。楽寿園内には、流れ下った溶岩流の末端があり、縄状溶岩・餅状溶岩、溶岩トンネルなどが保存されています。
富士山の雪解け水や雨水は溶岩を伏流して、溶岩の末端で湧水となって噴出している。楽寿園内の小浜池の湧水は枯れて久しいが、中の瀬からの湧水は源兵衛川の清流をもたらします。

難易度/危険度
容易/安全

 
三島駅南口すぐ

楽寿園駐車場 有料/数十台

あり





ジオポイント
菰池・白滝公園(こもいけ・しらたき)

ジオサイト
三島

ジオエリア
沼津・三島エリア

特徴
三島湧水群・愛染院跡の溶岩塚

三島は以前、水の都と呼ばれるほど、市内のあちこちから湧水が湧いてしました。上流にあたる工場などが地下水をくみ上げるようになってからは、枯渇してしまい、今では菰池や白滝公園、雷井戸などの一部だけで湧水が見られます。

難易度/危険度
容易/安全

 
駐車場から、徒歩約300mほど

生涯学習センター駐車場 有料/116台

あり




ジオポイント
三嶋大社

ジオサイト
三島

ジオエリア
沼津・三島エリア

特徴
火山にゆかりの深い神々

伊豆七島の三宅島から、下田の白濱神社、大仁の広瀬神社を経て、三島大社に遷宮した三嶋大明神(大山祇命・事代主命・伊古奈比当スなどの総称)を祀る。

難易度/危険度
容易/安全

 
三島駅南口から、徒歩約1.2Km

三嶋大社駐車場 有料/55台

あり




ジオポイント
三島駅北口

ジオサイト
三島

ジオエリア
沼津・三島エリア

特徴
三島溶岩の断面

約1万1千年前に噴火した新富士火山の玄武岩溶岩流が鉄道や道路工事のため切断された断面が見られる。新幹線から一番近いジオポイント

難易度/危険度
容易/安全

 
三島駅北口から、徒歩10m

送迎用一般駐車場(30分無料)

三島駅構内



ジオポイント
西浦

ジオサイト
西浦

ジオエリア
沼津・三島エリア

特徴
達磨火山の裾野地形

西浦地区は、北に向かってなだらかに裾を引く台地と、それらの間を刻む細長い入り江に位置します。これらの台地は、その南側にかつてそびえていた陸上大型火山・達磨火山の裾野の一部が浸食され残ったもの。(対岸の牛臥山公園や静浦から展望できます)

約70万年前〜15万年前 安山岩・玄武岩類

難易度/危険度
容易/安全

牛臥公園内から対岸を展望

牛臥山公園駐車場 無料/67台

あり




ジオポイント
獅子浜

ジオサイト
静浦・内浦

ジオエリア
沼津・三島エリア

特徴
海底火山の根と柱状節理、津波対策施設

獅子浜の防潮堤の海側に布島と呼ばれる島(今では陸続き)が遺されています。横倒しの白い柱状節理が積み重なっています。これは、海底火山の火道に上がってきたマグマが、下からの供給が無くなったので、冷え固まってできた柱状節理(水平方向に冷却)が、侵食されて、その後に隆起したものです。
獅子浜を含む静浦地区は、海抜3m前後の場所が多く、津波対策として5.8mの津波をふせぐために陸閘などの施設が設けられています。

約700万年前〜170万年前 石英質安山岩

難易度/危険度
容易/安全

 
地区センターから、徒歩約200m

無し(近くの静浦地区センターに断って駐車させてもらいましょう)

無し(静浦地区センターに断って利用)



ジオポイント
多比(たび)

ジオサイト
静浦・内浦

ジオエリア
沼津・三島エリア

特徴
海底にたまった火山灰の地層・岩脈と採石場跡

口野の放水路の北側の海岸を対岸から見ると、白い崖が露頭しているのが見えます。双眼鏡などで見ると、縞々の地層や斜交層理も見えることでしょう。この露頭は、海底火山の火山灰が堆積した地層が伊豆半島の衝突後、隆起して波で浸食されたものです。
放水路北側の山中には、古い石丁場跡もあります。

約1500万年前〜170万年前に海底火山の火山灰が堆積した江の浦凝灰岩層

難易度/危険度
やや困難/やや危険

 
旧静浦東小学校側の堤防から遠望

無し(旧静浦東小学校の駐車スペース)

無し



ジオポイント
内浦

ジオサイト
静浦・内浦

ジオエリア
沼津・三島エリア

特徴
狩野川放水路の出口

大平付近から下流の香貫山北麓にかけて、狩野川は静浦山地に沿いながら、いかにも窮屈そうに流れている。これは富士山や箱根山から流れ出た大量の溶岩や火砕流・土石流が南に押し出し、狩野川の流れを南に追いやったためです。狩野川は富士山と箱根山が供給する土砂によって、出口を失いつつあるという宿命を背負った川であり、その排水能力にはおのずと限界があります。
狩野川流域の水害を防止する治水事業の一環として造られた放水路で、伊豆の国市墹之上から取水して、口野の江の浦湾に注ぐ。狩野川放水路の完成により、狩野川本川での水害は著しく減少し、長い間の懸案であった田方平野の水害に対する安全性は大幅に向上しました。
伊豆の国市の取水口近くには、国土交通省沼津河川国道事務所伊豆長岡出張所があり、その展示館では放水路の役割や歴史を知ることができます。

約1500万年前〜170万年前に海底火山の火山灰が堆積した江の浦凝灰岩層

難易度/危険度
容易/安全

 
旧静浦東小学校から、徒歩約300m

無し(旧静浦東小学校の駐車スペース)

無し



ジオポイント
口野(くちの)

ジオサイト
静浦・内浦

ジオエリア
沼津・三島エリア

特徴
海底にたまった火山灰・軽石の地層と斜交層理

海底火山の火山灰が堆積した地層が伊豆半島の衝突後、隆起した地層で、斜交層理も見られます。
伊豆の国市と沼津市の間に、県道を通すために掘削された。昭和42年に放水路脇に口野トンネルが開通してからは、交通は途絶えました。
崖崩れがあるので、立ち入り禁止となっています。

約1500万年前〜170万年前に海底火山の火山灰が堆積した江の浦凝灰岩層

難易度/危険度
容易/立ち入り禁止

 
旧静浦東小学校から、徒歩約300m

無し(旧静浦東小学校の駐車スペース)

無し



ジオポイント
淡島(あわしま)

ジオサイト
静浦・内浦

ジオエリア
沼津・三島エリア

特徴
火山岩頸の景観

淡島は、全島断崖の円錐状の島で、海底に続いています。海底火山の根が隆起して、柔らかい地層が侵食されて固い根だけ残りました。
島の周囲には遊歩道が整備されていて、柱状節理やタフォニが成長した奇岩などを観察できます。

約700万年前〜170万年前 安山岩・玄武岩類

難易度/危険度
容易/安全

 
連絡船にて上陸(入園料必要)

あわしまマリンパーク 駐車場 有料/150台

あり





ジオポイント
千本浜と沼津港

ジオサイト
千本浜・牛臥山

ジオエリア
沼津・三島エリア

特徴
[びゅうお]を始めとする津波対策施設、千本浜と[びゅうお]からの景観

沼津港の内港とその後背地の50ha、 9,000人を守るために作られた水門です。津波をシャットアウトする扉体(ひたい)は、幅40m、 高さ9.3m、重量は406tと日本最大級です。
上部には展望施設があり、両岸に設置した13人乗りのエレベーターにより昇ることができます。両側の展望回廊をつなぐ連絡橋からは、北には愛鷹山、富士山、南アルプスを望み、遠く清水まで見渡せます。
また、箱根連山や沼津アルプスを見渡し、眼下には我入道海岸が広がり、その先に駿河湾に突き出した大瀬崎をくっきりと見ることができ、360度の眺望を楽しめます。

難易度/危険度
容易/安全

 
駐車場から、徒歩約200mていど

港口公園駐車場 無料/60台

あり




ジオポイント
我入道(がにゅうどう)

ジオサイト
千本浜・牛臥山

ジオエリア
沼津・三島エリア



特徴
古い漁村の街並み、狩野川河口と[びゅーお]の景観、岩場に見られる海底火山の断片

かつては我入道から千本海岸にかけてはマグロやカツオ、イルカなどが獲れたという。
街並みの途中には、我入道で生まれた芹澤光次郎の生家が保存され、静かな漁村の雰囲気が今も残ります。
狩野川河口近くには、不動岩と呼ばれる塚が残り、八幡神社と不動尊が祀らています。

難易度/危険度
容易/安全

 
我入道公園から、徒歩800mていど

我入道公園近くの海岸の堤防下に駐車スペース

我入道公園



ジオポイント
牛臥山西(うしぶせやま)

ジオサイト
千本浜・牛臥山

ジオエリア
沼津・三島エリア

特徴
海岸の崖に見られる流紋岩の海底溶岩ドーム

牛臥山の海側の崖に白い溶岩ドームが見られます。大きく海食されて、人が通れる洞穴も開いています。大小のタフォニや、流紋岩の岩塊も見られます。

約700万年前〜170万年前 流紋岩

難易度/危険度
容易/少し危険(落石に注意)

 
我入道公園近くの堤防の海側

我入道公園近くの堤防下に駐車スペース

我入道公園



ジオポイント
牛臥山東

ジオサイト
千本浜・牛臥山

ジオエリア
沼津・三島エリア

特徴
海岸の崖に見られる流紋岩の海底溶岩ドーム、大朝神社と日蓮の津波祈祷伝承

牛臥山公園駐車場から、海岸線を進んだ小さな突堤の根元に海底から隆起した溶岩ドームが見られます。
公園北付近にある大朝神社には、日蓮上人が津波被害に苦しむ住民のために祈祷をおこなったという伝説がつたえられています。

約700万年前〜170万年前 流紋岩

難易度/危険度
容易/安全

 
徒歩、約300m

牛臥山公園 無料/67台

有り



ジオポイント
下香貫

ジオサイト
千本浜・牛臥山

ジオエリア
沼津・三島エリア

特徴
安政東海地震津波が造った池の跡

安政東海地震(1854年)で、津波により御用邸記念公園の北東側辺りまで冠水して「田地変じて湖水となる」と記録されるほどの池が生じたそうです。
現在では、池の跡は確認できなく、津波対策施設が整備されています。

約1万8000年前〜現在までに形成された堆積層

難易度/危険度
容易/安全


 
無し


ジオポイント
狩野川堤防

ジオサイト
大平

ジオエリア
沼津・三島エリア

特徴
河川改修跡、大平地区の景観と年代記、多賀火山・箱根火山の地形景観

大平地区の中世から近世にかけての数多くの自然災害を含む地域の歴史をつづってきた年代記が現存するそうです。
大平地区を含む狩野川下流域は、たびたび洪水にみまわれてきた土地でもあり、洪水を防ぐための陸閘や、大規模な河川つけかえ工事の痕跡を今も見ることができるます。

約1万8000年前〜現在までに河川の周囲の自然堤防として形成された地層

難易度/危険度
容易/安全

 

 
無し


ジオポイント
出城山(でじろやま)

ジオサイト
大平

ジオエリア
沼津・三島エリア

特徴
陸閘(水害対策)

大平地区と徳倉地区の間の坂に設けられた陸閘で、狩野川が氾濫した際に、被害を最少にするために木製の板を積み重ねて防いだ。
狩野川放水路ができてからは、使われることがなくなり、交通の支障になることから陸閘は撤去されています。

難易度/危険度
容易/安全

バス停 手城山付近

 
無し


ジオポイント
日守付近(ひもり)

ジオサイト
大平

ジオエリア
沼津・三島エリア

特徴
陸閘(水害対策)

大平地区と日守地区の間の坂に設けられた陸閘で、狩野川が氾濫した際に、被害を最少にするために木製の板を積み重ねて防いだ。狩野川放水路ができてからは、使われることがなくなり、交通の支障になることから右側のコンクリート閘は撤去されています。

難易度/危険度
容易/安全

政戸公民館付近

 
無し


ジオポイント
塚原周辺

ジオサイト
箱根西麓

ジオエリア
沼津・三島エリア

特徴
箱根火山の火砕流の地形と断面、三島軽石、火砕流台地の土地利用

箱根火山からの火砕流(軽石・火山灰)が厚く積もった台地で、あちこちの崖に火砕流の地層や、その上をおおう三島軽石層が観察できます。緩やかな地形は、農地や宅地として利用されています。

約15万年前〜約1万8000年前 火砕流(軽石・火山灰)の堆積層

難易度/危険度
容易/安全


伊豆フルーツパーク 駐車場

伊豆フルーツパーク


ジオポイント
芙蓉台

ジオサイト
箱根西麓

ジオエリア
沼津・三島エリア

特徴
箱根火山の火砕流の二次タフリング

芙蓉台団地がある凹地は、箱根火山からの高温の火砕流が池または湿地帯をおおって流れたために、その水分が急激に沸騰して水蒸気爆発を起こしてできた二次的な火口の跡です。

約15万年前〜約1万8000年前 火砕流(軽石・火山灰)の堆積層

難易度/危険度
容易/安全


 
無し



裏ジオポイント
水神社(すいじんじゃ)

ジオサイト
愛鷹山南麓

ジオエリア
沼津・三島エリア

特徴
日蓮宗愛鷹協会の法華経の道場として水神さんを祀る神社

愛鷹火山の溶岩流が侵食された桃沢渓谷の上流に位置する。神社裏手の愛鷹山渓谷の岩穴から伏流水が湧き出し、神社の横で高さ3m余りの滝となっています。愛鷹山自然環境保全地域内にあり、川にはサンショウウオが生息しているそうです。

約70万年前〜15万年前 安山岩・玄武岩類

難易度/危険度
容易/安全


水神社手前に駐車スペース 無料/数台

無し



裏ジオポイント
八畳岩

ジオサイト
愛鷹山南麓

ジオエリア
沼津・三島エリア

特徴
愛鷹山の柳沢の河原に残る巨石

愛鷹火山からの転石と思われます。上面は八畳敷き相当の広さがあります。

約70万年前〜15万年前に形成された愛鷹山からの岩屑なだれの堆積物の地層

難易度/危険度
容易/安全

 
沼津柳沢の赤野観音を目指す

駐車スペースあり 無料/数台

無し



裏ジオポイント
興国寺城跡

ジオサイト
愛鷹山南麓

ジオエリア
沼津・三島エリア

特徴
愛鷹火山の裾野に北條早雲が築いた山城

伊勢新九郎盛時(北条早雲)が、今川氏の家督争いでの活躍によりこの城を与えられた。ここから北條早雲の躍動が始まった。駿河湾・伊豆半島・浮島沼などを一望できます。

難易度/危険度
容易/安全

JR原駅から、約2.3Km

駐車スペースあり 無料/数台

無し



裏ジオポイント
鮎止めの滝

ジオサイト
三島

ジオエリア
沼津・三島エリア

特徴
富士火山からの溶岩流にできた滝

約1万1千年前の新富士火山の溶岩流の東端を大場川が侵食してできた滝。川の東側は箱根火山の溶岩と言われます。

約1万8000年前〜現在 安山岩・玄武岩類

難易度/危険度
容易/安全

 
JR三島駅から、約2km

上岩崎公園駐車場 無料/18台

有り



裏ジオポイント
愛樹園の溶岩樹型

ジオサイト
三島

ジオエリア
沼津・三島エリア

特徴
富士山の溶岩流が残した溶岩樹型

愛樹園には、造園業を営む親方が富士山西麓などで入手した溶岩樹型が複数あります。
その中でも大きな溶岩樹型は向山小学校前の小公園に置かれていて、空洞から富士山が見えるように配置されています。この溶岩樹型は、倒れた樹木が溶岩の力で転がされ、幹の周囲に溶岩が巻き付いたものと思われます。

難易度/危険度
容易/安全

 

向山小学校前の小公園に駐車スペースあり 無料/数台

無し



裏ジオポイント
山中城跡

ジオサイト
三島

ジオエリア
沼津・三島エリア



特徴
戦国時代末期の1530年から1560年頃に、後北条氏によって、箱根西麓の尾根上に築城された山城

箱根を源流とする二つの渓谷にはさまれ、急峻な斜面に囲まれた自然の要害の地に作られた。天正年間に、豊臣秀吉が全国制覇を目指して、小田原攻めに着手すると、山中城は韮山城、足柄城と共に、最前線の軍事拠点として、重要視された。国道の反対側にある岱崎出丸の増築などの大改修が始められましたが、工事途中で戦を迎えることになりました。天正18年(1590年)の3月29日に、4万の豊臣軍の総攻撃を受け、4千の北條勢は必死に防戦しようとしましたが、わずか半日で落城しました

約70万年前〜15万年前 安山岩・玄武岩類

難易度/危険度
容易/安全

 

山中城公園無料駐車場

あり


裏ジオポイント
七つ石

ジオサイト
三島

ジオエリア
沼津・三島エリア

特徴
東海道五十三次の11番目の宿場として栄えた三島宿。当時の観光の目玉として、三島八小路、三島七木、三島七原、三島八景等と共に、七つ石が選定され親しまれていたようです。

鬼石・耳石・たたり石・傘置き石・かえる石・市子石(秋葉神社にあったという蛇石は所在不明)

難易度/危険度
容易/安全






裏ジオポイント
御殿場泥流

ジオサイト
三島

ジオエリア
沼津・三島エリア

特徴
古富士火山の山体崩壊による御殿場乱泥流

約2900年前に、古富士火山が山体崩壊して、岩屑なだれとして今の御殿場市街地を埋め尽くし、三島まで流れ着いた。新富士火山の溶岩流の上を覆っています。

約2900年前 岩屑なだれ

難易度/危険度
容易/安全

 

無し(サントムーン駐車場)

無し



裏ジオポイント
大久保の鼻

ジオサイト
静浦・内浦

ジオエリア
沼津・三島エリア

特徴
かつて大久保山という山の麓から洲が海へ伸び、象の鼻のようになっていたことからこの名がついた

海底火山の火山の根が隆起したもの。柱状節理が採れたので採石場として鼻の部分が削られてしまい、今では昔の姿を想像できないが、現在の道路近くまで山が迫っていたそうです。

約700万年前〜170万年前 安山岩・玄武岩類

難易度/危険度
容易/安全

 
静浦地区センターすぐ前

無し(静浦地区センターに断って駐車)

無し(静浦地区センターを利用)


裏ジオポイント
象山

ジオサイト
静浦・内浦

ジオエリア
沼津・三島エリア

特徴
大平山安山岩層の硬い岩場

今では、ロッククライミングのゲレンデとして楽しまれています。

約700万年前〜170万年前 安山岩

難易度/危険度
容易/安全

 

 
無し



裏ジオポイント
瓜島

ジオサイト
静浦・内浦

ジオエリア
沼津・三島エリア

特徴
海底火山から噴出した角礫岩でできた島

島の付近に西郷隆盛の弟の西郷従道が別荘を持ったことから[西郷島]とも言われています。港湾工事で地続きになりました。

凝灰角礫岩

難易度/危険度
容易/安全

 

静浦漁港に駐車スペースあり

無し



裏ジオポイント
柿田川湧水

ジオサイト
その他

ジオエリア
沼津・三島エリア

特徴
富士山に降った雪や雨が地下の三島溶岩の透き間を伏流して柿田川で湧き出している湧水

柿田川は柿田川公園の湧き間からの湧水に源を発し狩野川に合流する1km余りの清流です。 水温は一年を通して約15度前後で安定しています。またミシマバイカモなどが有名です。 柿田川湧水郡は名水百選にも選ばれる名水で、湧水量は日に70万トンから100万トン程度で東洋一を誇っています。

約1万1千年前 玄武岩

難易度/危険度
容易/安全

 
駐車場から、徒歩500m程度

柿田川公園駐車場 有料

あり


裏ジオポイント
静浦山地

ジオサイト
その他

ジオエリア
沼津・三島エリア

特徴
沼津市の海岸沿いにある山並みの総称が静浦山地で、香貫山から大平山までを沼津アルプスとも呼んでいる

静浦山地は白浜層群と呼ばれる地層で構成され、これは仁科層群・湯ヶ島層群に次いで、伊豆半島で3番目に古い地層です。この白浜層群のほとんどは、およそ1千万〜200万年前の海底火山の噴出物と、そこから削られた土砂が近くの浅い海底にたまってできた地層からなっています。静浦山地は、それらの海底火山がフィリピン海プレートと本州側のプレートの衝突によって隆起し、浸食が進み現在の複雑な姿となりました。

約1500万年前〜170万年前 白浜層群
一部で、約700万年〜170万年前の安山岩・玄武岩類が覆っている。

難易度/危険度
容易/安全

西浦 足保・久料あたりから一望

西浦から見た静浦山地: 左から香貫山・横山・徳倉山・鷲頭山・大平山・大嵐山・茶臼山


裏ジオポイント
割狐塚(わりこづか)

ジオサイト
その他

ジオエリア
沼津・三島エリア

特徴
溶岩塚の上に建つ稲荷神社

約1万1千年前の新富士火山の溶岩流が流れ下った際に、この場所で先に冷え固まった部分が横を流れる溶岩流に押された結果、割れて盛り上がってできた。
周囲およそ80mの溶岩塚に稲荷大神を祀る神社の岩の中央に亀裂があり、昔、ここから狐が飛び出したという言い伝えが名前の由来となっています

約1万1千年前 玄武岩

難易度/危険度
容易/安全

 
駐車場から、徒歩600m

長泉町図書館 町営駐車場 有料

あり



裏ジオポイント*
案内人が勝手に認定した非公式なジオポイント

主に、小山真人教授著[伊豆の大地の物語](静岡新聞社刊)から許可を得て、案内人の理解で引用

産業技術総合研究所 地質調査総合センター発行 地質図Naviの[地質の説明]から一部を引用(承認番号 第60635130-A-20130910-002号)
小山真人教授著[伊豆の大地の物語](静岡新聞社刊)に解説がある場合は、そちらを利用
どちらからも適当な情報が得られない場合は、案内人の理解を記した。