伊豆ジオ遺産のウェブサイトへようこそ。

 このウェブサイトは、伊豆半島ジオパークで実際にガイドしているジオガイド(案内人)が訪れた数多くの見どころ(ジオサイトと呼びます。)を伊豆ジオ遺産と勝手に命名して、できるだけ多くの方に知っていただく目的で、つくりました。

 見どころを訪問したい方、巡検を検討している方などの参考になれば幸いです。

地域から探す

 伊豆ジオ遺産では、伊豆半島ジオパークを、北伊豆・東伊豆・中伊豆・西伊豆・南伊豆の5エリアに分類しています。
 全2,234か所の見どころを全207ページで紹介します。

geo-1

成り立ちから探す

伊豆半島の歴史は約2000万年前までたどることができます。半島の成り立ちは、おおまかに6ステージに分類されています。

geo-1

地質・地層・地形から探す

伊豆半島ジオパークで見られる地質・地層・地形などを、おおまかに分類してみました。

geo-2

恵みから探す

伊豆半島の豊かな自然がもたらす生物の多様性・食の恵み・温泉・湧水・鉱物などを紹介します。

geo-2

その他から探す

伊豆半島で暮らす人々と、自然や災害とのかかわりなどの面から、紹介します。

geo-2

     ジオ(地球)に関わるさまざまな自然遺産、たとえば、地層・岩石・地形・火山・断層などを含む自然豊かな「公園」のことです。

     山や川をよく見て、その成り立ちに気付くことに始まり、生態系や人々の暮らしとのかかわりまでをつなげて考える場所です。

     足元の岩石から頭上の宇宙まで、数十億年の過去から未来まで、海や山の大自然から、そこに暮らす生き物と人々までを一つにして考えます。

     つまり地球を丸ごと考える場所、それがジオパークです。

     本州で唯一、フィリピン海プレートの上にのっている伊豆半島は、かつては南洋にあった火山島や海底火山の集まりで、プレートの北上に伴い火山活動を繰り返しながら本州に衝突し誕生しました。

     この半島では、現在も火山活動や地殻変動が続いており、これによって豊かな温泉や日本一深い駿河湾、変化に富んだ地形をもつ魅力的な半島が作られています。

     伊豆半島では、海底火山や火山島の時代から、本州への衝突という大事件を通じ、現在も続く火山活動や地殻変動まで、さまざまな時代の大地の営みを知ることができ、また、これらの大地の恵みを楽しむこともできます。


     伊豆半島ジオパークのメインテーマは「南から来た火山の贈りもの」です。

     伊豆半島ジオパークは、2014年9月に日本ジオパークのひとつとして、日本ジオパークネットワークから認定を受けました。

     日本ジオパークネットワークは、日本ジオパークへの認定、または、認定をめざす地域団体などで構成されています。

     日本ジオパーク活動の推進をしており、世界ジオパークネットワークの傘下で活動しています。

     2018年4月現在、全国で43地域が日本ジオパークとして認められています。

     2018年4月には、伊豆半島ジオパークは、国内で9番目のユネスコ世界ジオパークと認定されました。

     

     

     ジオパークに興味をもったきっかけは、テレビで白鳥山の柱状節理を見た時です。2011年に、ジオガイド養成講座が開かれるとの情報を得て、早速挑戦しました。

     ジオガイドとして認定され、仲間や単独で素人ながら巡検のつもりで、伊豆半島の各地で初めての景観を目にして、ますますはまっていきました。

     ジオサイトの写真を記録したくなったので、デジタル一眼レフのカメラを購入しました。撮影のテクニックを得るために、地元の写真教室・写真クラブに入会して、腕を磨き、少しずつまともな写真が撮れるようになりました。

     同時期にかんなみ仏の里美術館のガイドも始め、特に道祖神に興味を持ち、当初は函南町の道祖神を含むすべての石造物を調査しました。

     そのうちに、伊豆半島各地の道祖神を全て調査することを思い立ち、10年程かかって伊豆半島に加えて、静岡県東部のほぼすべての道祖神を調査しました。道祖神の調査とジオサイトの調査は、行動とフィールドが似ているので、道祖神の調査をしている際に、新たなジオサイトを見つけることもしばしばありました。その逆もあります。

  • 静岡大学教授 小山真人著【伊豆の大地の物語】 静岡新聞社
  • 静岡大学教授 狩野謙一著【伊豆半島南部のジオガイド】 山と渓谷社
  • 【伊豆半島パーフェクト地磯ガイド 上巻・下巻】 海悠出版
  • 伊豆日々新聞
  • 各市町の郷土誌
  • 滝の引力
  • 地質図navi
  • ガイド仲間、地元の人、
  • ネット

     このウェブサイトには、情報(説明・地名・読み・地質年代・写真・地図など)をできるだけ正確に記載しようと心がけていますが、勘違い・間違いがあるかも知れません。また、まだ知らない場所もたくさんあると思います。

     伊豆ジオ遺産に相当すると思われる見どころや情報などがありましたら、こちらのメールで教えていただければ幸いです。


TOP